HOME > お店の売上を上げるためには、どのようにしたら良いのだろう?と考えた時に・・・ > 予約獲得のための2つの視点

困った時に役立つ飲食店のお悩み解決!!資料集

困った時に役立つ飲食店のお悩み解決!!資料集

予約獲得のための2つの視点

予約売上を上げようと思った時に、活用してほしいフォーマットです。
お客様に対してのアプローチの2つの視点が大事です。

活用のポイント

お店で売上を上げるために、もっと必要なサイクルを理解しましょう。 それは、「知ってもらう」⇒「思い出してもらう」という黄金の法則です。

まずは、どれだけ多くの人に、お店で予約ができることを知ってもらえるかを考えましょう。 お客様は意外にお座敷があるとか、2階に個室があるとかを知らないことが多いです。

そして、最大のポイントはお店の事を忘れさせないで、いざという時に思い出してもらうことです。日々の生活でお客様は、お店のことを忘れてしまいます。 忘年会などの時期に思い出してもらえるように、しっかりとアプローチできているかでお店の売上は大きく異なります。

飲食店コンサルタント原島から最後に一言

多くのお店が、自店舗のことを知ってもらう活動だけに、目が行きがちです。
しかし、肝心なことは、一度自店舗を知ってくれたお客様に、忘れさせないように、いざ予約しようと思った際に、自店舗をしっかりと思い出してもらえるようにしておくかが大事です。
ですので、お店としては「知ってもらう」「思い出してもらう」の2つの視点で、取り組みを考えておくことが重要となります。

ページトップへ