HOME > 店長の資料集

困った時に役立つ飲食店のお悩み解決!!資料集

困った時に役立つ飲食店のお悩み解決!!資料集

お客様が来店される3つの状況分析
今、現在集客で困っている店舗は、このフォーマットを使って、自店舗の分析をしてみましょう!
顧客別利用動機イメージ図
自店舗のお客様が、どのような動機で自分のお店を利用してくれているんだろうと分析する時に役立ちます。
3つのフローの流れから、自店舗の強みを考えてみよう
ビジネスの基本である「仕入れ」→「加工」→「販売」という流れから、各工程ごとに自店舗の強みを考えてみよう!
お店として目指すべき方向性を示す(顧客名簿と来店頻度)
今後のお店の方向性をどのようにして、売上を上げていこうかと、従業員に理解してもらう際に使いました。 「接待」需要を今後どんどん獲得していきたいお店ですので、このような数式でイメージしてもらいました。
売れる時に売りまくろう!
お店の月間売上を上げようと考える時、店長はデータを見て、落ち込んでいる部分(曜日や時間帯)の売上を上げようと考えてしまうものです。 しかし、現在売上が高く稼げている部分のほうが、お客様からニーズがあり、お客様からのお店への支持が高いはずです。 ですので、まずはそちらの曜日や時間帯などで、もっと売上を伸ばす方法が無いかを考えてみましょう。  
お客様の流出を防ぐ(蛇口を閉める)
お客様を増やすためには、どのような事をしたら良いのかをイメージ化したものです。 新規のお客様が左上から入り、既存のお客様が右下から出て行ってしまう感じにしています。 水をイメージしてもらえれば良いと思います。
売れないお店の店長になったら・・・
あまり成績の良くないお店の店長になったら、次のステップで取り組んでいきましょう。 まずは、何か新しい集客策を考えるより、今来て頂いているお客様を絶対に逃さないようにします。
予約獲得のための2つの視点
予約売上を上げようと思った時に、活用してほしいフォーマットです。 お客様に対してのアプローチの2つの視点が大事です。
売上アップの基本的な流れ
売上不振のお店に配属されたら、まずこのようなステップで売上アップに取り組んでいきましょう。
集客力アップの作戦を考える(プッシュとプル)
店長は、多くのお客様に来てもらおうといろんな作戦を考えます。 そんな時に役立つ整理方法です。 販促の方法は、大きく分けて2つの考え方があるんです。
売上アップの試作の整理(イメージ)
売上を上げようとすると、いろいろな取り組みを実施しようとします。 しかし、その取り組みはどのような成果を目指しているのかが明確でないと効果の測定ができなくなります。 ですので、表のようにどのような成果を得たいのかを、予めきちんと整理しておくことが大切です。
提供時間が遅い時に(WHYツリーでの検証)
料理提供が遅い時には、まずこのように様々な原因に分解してみて、どの部分から改善していくのかを検証してみましょう!
お待たせしないオペレーションづくり(改善のステップ)
料理提供が、いつも遅れるお店は、この改善のステップに沿って、改善に取り組んでみましょう!
お店として目指すべき方向性を示す(顧客名簿と来店頻度)
今後のお店の方向性をどのようにして、売上を上げていこうかと、従業員に理解してもらう際に使いました。 「接待」需要を今後どんどん獲得していきたいお店ですので、このような数式でイメージしてもらいました。
予約獲得のための2つの視点
予約売上を上げようと思った時に、活用してほしいフォーマットです。 お客様に対してのアプローチの2つの視点が大事です。
顧客データの活用方法について
顧客データを集めて、集客しようと考えるお店は多いと思います。でも、データは集めるだけでは役立ちません。各フローごとに、お店として何をしなければいけないのかを考えておきましょう!  
顧客別利用動機イメージ図
自店舗のお客様が、どのような動機で自分のお店を利用してくれているんだろうと分析する時に役立ちます。
メニューを評価したいと思った時に・・・
自店舗のメニュー変更をしようと思うと、どれを残して、どれを無くしたら良いのだろうと悩まれると思います。 そんな時に、こちらのフォーマットを利用して考えてみましょう!
顧客別利用動機イメージ図
自店舗のお客様が、どのような動機で自分のお店を利用してくれているんだろうと分析する時に役立ちます。
人を動かす3つの要素
平成25年5月11日の日経MJに出ていた「人を動かす3つの要素」のお話です。(経営コンサルタント小倉弘著) 哲学者アリストテレスが、人を動かす3要素として下記の3つを示していたようです。
商品の価値を高めるには・・
自店舗の商品の価値を高めたいと考えたら、まずはこの公式を思い浮かべましょう。 価値を高めるためには、基本的には、品質を高めるのか?価格を下げるのか?の選択になります。

≫ 飲食店コンサルタントの原島が選ばれ続けている理由
≫ 事務所の概要はこちら

飲食店専門の中小企業診断士が売上を上げる秘密を教えます
ページトップへ