HOME > コンサルティングを受けるメリット

コンサルティングを受けるメリット

コンサルティングを受けるメリット

コンサルティングを受けて成功した社長だけが知っているコンサルティングを受けるメリット

  • コンサルタントとしての知識と経験を活かし、現状の問題に対しての最適な改善策を提案してくれる
  • 現在、まだ顕在化していない問題を指摘し、問題の発生を未然に防いでくれる
  • 外部環境や自社の内部環境を分析し、自社の強みを活かしながら機会を活かせる戦略を提案してくれる
  • 自社の成功要因となる要因を明確にしてもらうことで、経営の選択と集中が出来るようになる
  • 短期的・中期的・長期的な視点で、経営戦略を立てることが出来る
  • 経営の知識が身に付く
  • 問題発見の手法が身に付く
  • 問題解決のプロセスが身に付く
  • データ分析手法が身に付く
  • 飲食業界の知識が身に付く
  • 自社だけで取り組むより、最適な方法で取り組むので問題解決のスピードが早くなる
  • 問題解決を考えていた時間を他の業務に振り分けることが出来る
  • 業者からの見積もりに対して、適正価格であるのかを判断してくれる
  • 立て直しが早く進むので、店舗での売上減少が少なくて済む
  • 立て直しのための無駄な取り組みが無くなるので、余計なコストが掛からなくなる
  • 効果が出やすい取り組みに集中的に取り組むので、費用対効果が高くなる
  • 従業員に本音で話すことが出来ない経営の相談をできる
  • 何か困ったことがあった時に、すぐに相談できる安心感がある
  • 社内での改革を進めていくときに、サポートしてくれる安心感がある
  • 経営者の頭の中で考えていることを整理してくれる
  • 経営者の想いを言葉としてまとめ、伝えてくれる
  • 事業計画書や提案書などを作成する際に、自分が考えていることを文章にしてまとめてくれる
  • 自社や自店舗の悪い部分を客観的に指摘してくれる
  • 自分たちでは気づいていない自社や自店舗の強みを見つけ、評価してもらえる
  • マスコミなどに出ていない本当の飲食店の現場の情報を入手できる
  • 離れている地域の飲食店の動向を知ることが出来る
  • 国や都・県などの中小企業支援策の情報を入手できる(補助金、助成金など)
  • 現場の部下がどのように考えているのかを知ることができる
  • 現場の不満を知ることができ、改善案を提案してくれる
  • 社長の発言が異なって解釈されていた時に、現場でその真意を伝えてもらい誤解が解ける
  • 会議などに一緒に参加してもらうことで、意見が活発に出るようになり、会議としての機能が果たせる
  • PDCAサイクルが構築できる
  • 経営者に代わり、従業員の取り組みを定期的に進捗管理をしてもらえる
  • 経営者としての取り組みも、定期的に進捗管理をしてもらえるため、進捗が早くなる

上記のメリットは、支援先の経営者・店長から実際に聞いたメリットの一部を独自にまとめたものになっています。

≫ 飲食店コンサルタントの原島が選ばれ続けている理由
≫ 事務所の概要はこちら

飲食店専門の中小企業診断士が売上を上げる秘密を教えます
ページトップへ