HOME > 実績 > ワインバー > 東京都 ワインバー

実績

実績

東京都 ワインバー

都心にあるお料理と一緒にこだわりのワインを楽しんでもらえるお店。

業種 ワインバー wine
立地 都心型ビルイン
客層 周辺で働くサラリーマン・OLが中心。弁護士なども常連顧客
店の特徴 都心にあるビルの1階の店舗。お店の入り口は、道路からは分かりづらい。ランチも営業しており、夜はこだわりのワインが楽しめるお店となっている。

お悩み・困っている事

開店してから、思ったより売り上げが伸びていかないので、お店のコンセプトをどのようにしていったら良いのか?助言してほしい。また、販売促進策についても具体的な助言がほしい。

コンサルの流れ

経営者のヒアリング
売上の近況確認
今までの販促策の確認
店舗の外観・内装チェック
外部環境分析
メニュー分析
店舗コンセプトの検討
メニュー構成の変更提案
看板メニューの決定
ランチメニューの絞り込み
メニューごとの販売実績を把握できる仕組みづくりの提案
売上がピークとなる12月の目標の決定
そして、それに向かって何をいつどのように行っていくのかを決定
ツイッターの発信方法の変更を提案
相手に伝わりやすい6つのポイントを伝える

支援の効果

今回は、派遣回数が3回だけの専門家派遣支援であったが、下記の提案を行った。

①ランチメニューの絞り込み
ランチタイム時に料理提供の遅れが、発生していた。その原因がメニュー数が多いことによるオペレーションの混乱であったため、まずはメニュー数を5→3種類に絞り込むように提案した。

②ディナーメニューの絞り込みと原価管理
ディナーのアラカルトメニューが豊富にあることが強みであるが、ほとんど注文されないメニューなどもあり、食材ロスが多く原価率の上昇につながっていた。そのため、まずはしっかり販売データをとり分析しながら、メニューアイテムの見直しと絞り込みを行うように助言した。そして、各メニューごとの原価管理をしっかりするように指導した。

③店舗コンセプトの決定
1人で静かに飲みたい人から、みんなでワインをワイワイしながら飲みたい人までが、常連客として混在していた。そのため、どちらの利用客にとっても利用しづらいお店になっていた。そこで、お店のコンセプトを見直し、「品の良いがぶ飲み出来るお店」をコンセプトとすることを決めた。

④看板メニューの決定
お店の看板メニューが無かったことから、訴求力が弱くなっていた。そのため、既存のメニューを見直し、お店の看板メニューを決めた。ただ、そのままではインパクトが弱いので、さらなる研究をするように提案した。看板メニューが決まると、その後の販促がしやすくなると伝え、具体的な事例を基に説明を行った。

今後の方向性に迷っていたが、経営者として「捨てる」勇気を持てるようになった支援だったと思う。ついつい、お客様からいろいろ言われ、売上が少し低迷してしまうと自信を失い迷ってしまうと思う。
そのため、いろんなメニューを用意し、結局お店の良さが隠れてしまうというケースだったように感じた。

各実績に記載している写真及び内容は、各支援先の事情も踏まえ、店舗が特定できないように配慮しております。そのため、抽象的な表現が多くなっております。
また、写真はイメージ図として 実際の店舗とは異なる写真を使用している事もありますので、あらかじめご了承ください。

LINEで送る
飲食店専門の中小企業診断士が売上を上げる秘密を教えます
ページトップへ