HOME > 実績 > 居酒屋 > 埼玉県 居酒屋

実績

実績

埼玉県 居酒屋

埼玉県内で居酒屋チェーンを展開している会社の店舗の1つ。駅前立地であるが、電車は、1時間に3~4本程度の駅である。

業種 居酒屋 やきトン
立地 駅前
客層 30~50代男性が中心
店の特徴 自慢のやきとりを中心としたフードメニューと、店主のこだりがある日本酒と焼酎が飲めるお店

お悩み・困っている事

オープンして数年経つのですが、集客がうまく出来ていません。売上を上げていくためには、どのようにして行けば良いのか教えてください。

コンサルの流れ

店長からのヒアリング。

周辺地域の市場調査。

競合店調査。

過去の売上データの分析。
営業状態の確認。

客層の確認。

お店のコンセプトの議論。
お店のコンセプトの再構築。

コンセプトに合わせた店頭の改善提案。

コンセプトに合わせたメニュー変更の提案
メニュー改定 。

メニューブックの変更。

デジタルサイネージの導入。
メニュー改定の効果検証。

メニュー構成の微調整。

今後の店舗改善計画の提出

支援の効果

駅前の店舗であるが、駅の利用者の多くが何のお店であるのかが分かっていなかった。そのため、まずは店舗の強みである自慢のやきとりを全面的にPRするため、下記の取り組みを実施した。

①メニュー構成の変更

やきとりが自慢のお店であるが、その特徴を上手に打ち出せずにいた。そこで、やきとり以外の一品メニューを大幅に削減し、メニュー構成上のやきとりの比率を高めるように工夫した。また、一品メニューが減る事で顧客の離反を招く恐れがあるので、定期的に季節メニューの導入を行い、常連客でも飽きが来ないようにメニュー構成を変更した。

②メニューブックの変更

メニュー構成の変更に伴い、メニューブックの変更も行なった。やきとりのこだわりを前面に出し、メニューブックの50%以上をやきとりにすることで、やきとりの専門店であるという演出を行った。また、「とりあえずの一品」や「がっつり食べたい人へ」など、お客様の利用動機に合わせてメニューが選びやすいように工夫を行った。

③デジタルサイネージの導入

お店の認知度が低かったので、情報発信力を高めるために店頭にデジタルサイネージを導入した。冷えたビールと共に、美味しいやきとりが食べられるお店である事を、駅の利用者に情報発信することにより、潜在顧客の獲得に取り組んだ。

その結果、店舗の認知度向上が図られ、「美味しいやきとり」が食べられるお店として、口コミが広がり、近隣の大手チェーンの居酒屋より集客力が高くなり、週末を中心にピーク時は満席となっている。

約2年間、売上前年対比で昨年越えの売上を出し続けている。

担当者からのメッセージ

先生にいろいろ指導を受けてきたおかけで、ここまでお店を立て直す事が出来た。当初、飲食店に慣れておらず、困惑している部分もあったが、優しく厳しく指導してもらったおかげで、かなり自信がついてきた。

各実績に記載している写真及び内容は、各支援先の事情も踏まえ、店舗が特定できないように配慮しております。そのため、抽象的な表現が多くなっております。
また、写真はイメージ図として 実際の店舗とは異なる写真を使用している事もありますので、あらかじめご了承ください。

LINEで送る
飲食店専門の中小企業診断士が売上を上げる秘密を教えます
ページトップへ