HOME > 実績 > カフェ > 神奈川県 カフェ

実績

神奈川県 カフェ

神奈川県で個人でカフェを経営されています。駅から遠いところになりますが、商店街の中にあり、人通りも多い場所になります。食材のこだわりがとても強く、外装・内装ともに素敵な雰囲気のお店です。

業種 カフェ pansityu
立地 駅前の商店街
客層 20~40代
店の特徴 こだわりのある食材を使った体に良いお料理

お悩み・困っている事

郊外でこだわりのあるカフェを経営しています。リーマンショック以降、売上が減ってきています。「どうしたら良いのか?。」一度、専門家の方に聞いてみたいのですが・・・・・

コンサルの流れ

経営者からのヒアリング。

周辺地域の市場調査。

競合店調査。

今後の支援の方向性の確認。
ランチの営業状態の確認。

お店のコンセプトの再構築を実施。

コンセプトに合わせた店頭の見せ方について提案。

コンセプトに合わせたメニュー変更の提案。
メニュー改定の進捗状況の確認と提案。

イベントなどによる集客策の再実施の提案。

HPのリニューアルの提案。

支援の効果

店のこだわりがお客様に伝えられていない事と、看板メニューが何かわかりづらいため、訴求力がぼやけている点が問題だと認識しました。そのため、下記の事について提案を行ないました。

①通行人へのPRの強化

素敵な外観であるが、一見して何のお店か分からないと思われた。それが店主の狙いであることは理解出来たが、お客様の心理的抵抗を無くすために、一部のメニューの写真などを貼り、訴求力を高めるように提案した。

②お店のコンセプトの変更

野菜にこだわりのあるカフェと言うコンセプトであったが、野菜のこだわりがメニューから伝わってこなかった。また、そのコンセプトを具現化しているメニューも無かった。そこで、お店のコンセプトについて再検討を行なった。 「野菜を食べてほしい」のか、「体に良いモノを食べてほしい。それが、当店では野菜と考えている。」では異なるので、その部分について議論を行なった。その結果、「体に良いモノを食べてほしい」というコンセプトができ、野菜が前面には出ていないが、現在大変人気のあるメニューが看板商品とする事になった。店主の迷いもこの部分にもあったので、この点について議論が出来た事は大きかったと思う。

③ディナーメニューの変更

上記のコンセプトが決まった事で、店舗の課題であるディナーの集客力アップのために、ディナーメニューの変更を提案した。人気のあるメニューを看板にする事で、訴求力を高めて行く事を決めた。また、現在は1皿当たりの単価が高く量も多いので、1皿で満足してしまうので、単価を下げて、量目を減らし、お客様が多くの料理を楽しめるように提案を行なった。

各実績に記載している写真及び内容は、各支援先の事情も踏まえ、店舗が特定できないように配慮しております。そのため、抽象的な表現が多くなっております。
また、写真はイメージ図として 実際の店舗とは異なる写真を使用している事もありますので、あらかじめご了承ください。

LINEで送る
飲食店専門の中小企業診断士が売上を上げる秘密を教えます
ページトップへ